ROBOT PAYMENT Engineers Blog

株式会社ROBOT PAYMENTのテックブログです

ちょっとだけ仕事が楽になる~画像キャプチャ編~

こんにちわ、決済システムで運用保守担当していますmurakamiCPです。
テックブログをかこう!という命題を授かったので、とりあえず他のメンバーの方が書いてる記事を読んだのですが、どれもうちの会社の色や雰囲気が現れつつ、技術面・自己研鑽面の軌跡として素晴らしい記事ばかりなので、ぜひそちらも見てください(PR)

そんな中何を書こうかしらと思っている次第なのですが、実は特に壮大な構想もなくこちらの文面も締め切り直前に書いているので
「なんでもいいよ」というコンセプトを心の底から信じて、最近知って使っているちょこーーっと便利なナレッジみたいなものを紹介したいと思います。
「いや、そんなの当然知ってる常識っしょ」「とかいう基本的なコトじゃん?」って人もたくさんいるかもですが、専用のソフトやツールいれなくてもできるんだぁ!と地味に私は感動したので、既知の方は鼻で笑うために、実は知らんかった!って人は今後ちょこーーっと仕事が楽になるように。

Windows10で使えるちょっと便利なショートカットキーと仕事中ここで地味に使ってるよ!のご紹介です。
(macユーザーのみなさんごめんなさい)

1.範囲指定のスクリーンショット

「Windows ロゴ」+「Shift」+「S」

まずはUIの開発だったり資料のレイアウトだったり、はたまた美味しそうな食べ物の画像だったり、ちゃんとしたレビューをする前に少し誰かに確認や共有したいとき、私は画面のスクリーンショットをとってチャットなどに投稿して「これでどうです?」とみていただくことがあります。
その際、画面全体でなく一部のポイントだけ確認したいと思ったときにいちいち切り取ったりするのは面倒くさい…
でも画像全体を貼ると確認箇所がわかりにくい…
って時に、こちらを使用しています。

ショートカットキーを押すと、画面上が少し暗くなり

ドラッグしながらキャプチャしたい範囲を指定すると

切り取った範囲のみキャプチャできます!

ピンポイントを切り抜きたいときや、ブラウザのブックマークバーなどは見せなくていいときに画面内の欲しいとこだけ切り抜けてとても便利です。
以前までは画像キャプチャソフトを使用していたのですが、標準装備しているならこちらで十分使えるのでおすすめです。

2.クリップボード履歴の使用

「Windows ロゴ」+「V」

こちらはWin10がでてきた当初話題になって既知の方も多いイメージですね。
このお仕事ですから「Ctrl」+「C」でたくさんコピーを使用する機会はあり、その際に3個前にコピーしたものをまた使いたい!みたいなシーンも度々発生するかと思います。
その際、過去のクリップボードの履歴から参照して貼り付けできるショートカットになります。

ショートカットキーを押すと、下記のようなリストがでてきます。
先ほどの記事に使用した画像も参照できますね。

最大25件まで遡れる上に、文字だけでなく画像ファイルも参照できて再度貼り付けができます。
こちらもクリップボードのソフトなどもありますが、たくさんの履歴など必要なければこちらで十分使え以下略。

3.合わせ技での利用

そして、この二つを組み合わせると画面遷移のピクチャやテスト結果のエビデンスをかるーく・らくーにとれたりします。

①画面遷移やUIの確認の画像を一気に全画面スクショや「Windows ロゴ」+「Shift」+「S」の部分的な画面キャプチャをとっていく
②区切りのいいところで、「Windows ロゴ」+「V」を使用して資料に画像を一気に貼り付ける

画面と資料をいったりきたりするの地味ですけど大変なので、一括でできるのは結構ストレスフリーです。
それととても地味なポイントですが、一回一回資料開くよりすべてキーボードの配置的に左手だけで完結するのも個人的に便利です。


以上、ちょっとした最近便利じゃーんってなったWindows10のショーットカットでした。
お仕事時やプライベートの時でも使ってみてください~。